« 【森先生のひと言no.16】「やる気」・・・③ | トップページ | 今日のゲームで!! »

2005年8月15日 (月)

高校生へのメッセージ!

昨日は休養日でした。お盆休みでお墓参りにいったりしたようです。

今日は午後からの練習で、ミーティングを行いウィンターカップまた新人戦へ向けて目標設定が行れました。その中で国体宮崎県代表で小林高校OB3名が来校され、高校生へのメッセージや大学生活で得たものを聞ける貴重な体験ができたので紹介したいと思います。

 藤村 慎吾選手(小林高校OB 現中京大学キャプテン)

・ 大学に入学してから選手主体のチームで、チームの中でお互いを高めあう環境を大事にしてきました。また、苦しかった課程を考えたり模索することで結果がついてきて、大事なことはとにかくチームを信じることです。仲間を信じ励ましたり、文句を言い合ったりする環境を作ることが大事だと思います。

 吉村 克佑選手(小林高校OB 前大阪体育大学キャプテン)

・ 僕はとにかく言われたことを半端なく一生懸命にやりました。なぜこの練習をするのか高校1年の時はわからなかったけど、森先生を信じとにかく一生懸命にやっていたのを思い出します。高校時代、今もそうですが、僕は常に変わりたいと思っていて、賢くなりたい・強くなりたい・かっこよくなりたいといつも思いながら練習したり、学校生活を送っていました。

小林高校時代は前の先輩達が強すぎて僕らの代では不安がたくさんありましたが、お互いに心の底から文句を言い合って信頼関係を築きあげ、高校総体では準優勝することができました。

大阪体育大学に進学してからはチームが最悪の状態で、選手もいいかげん、練習も適当だった環境だったので、僕が絶対に変えてやると信じていました。

大事なことはやれることを確実にこなすことだと思います。プレーするのは自分だからとにかくやれることを必死でこなして、先生からの話を取り込みつつ自分達の考えを活かすといいと思います。

 月野 攻大選手(小林高校OB)

久しぶりに森先生の話を聞けて僕はワクワクしました。なぜ僕が今日来たかというと森先生に会って原点に返ったり、高校生からエネルギーをもらうために来ました。

なぜ勝てないか考えたことはありますか?どうしないといけないか考えたことはありますか?試合などで大事なのは自分達の考えをどこまで実行できるかです。宮崎県で優勝するというのは大変だと思いますが、僕はどうやってこの強いチームに勝ってやろうかと常に考えます。練習ではやるからには一生懸命もうこれ以上は・・・というぐらい練習しないと強くはなれません。

大学では1人1人の意識の差がありました。すぐに遊ぼうと考えている選手、練習をさぼる選手などがいたので、僕はいかにチームをまとめるかということでミーティングを重視しました。個別で話し合いを行ったり、チームで話し合いを行ったりすることでチームがいい方向に進んだと思います。

大事にして欲しいことはたくさんあるけど、気持ちの持ち方や当たり前のことをひたむきに頑張れば自ずと結果はついてきます。宮崎工業の選手の皆さんこれからも頑張ってください。

非常に中身の濃い話をしていただき、ありがとうございました。今日の話を聞いてどう選手達が変化してくれたり成長するかが楽しみです。

その後小林高校OBの3名以外にも渡木選手、吉村選手、竹森選手が来校され高校生とゲームが行われました。お盆や国体の練習の終わった後にきていただいてありがとうございました。DSC00001 DSC00005 DSC00006 DSC00007

左から藤村選手、吉村選手、月野選手、ゲームの様子

8月 15, 2005 練習・試合について |

トラックバック

コメント