« 1年の岡田です!! | トップページ | 2年の谷口です! »

2005年6月30日 (木)

【森先生の一言 no,9】「ライフスキルとは」

           「ライフスキル」とは・・・・その2

 その1の続きです。 

 私たちの周りはつねにありとあらゆる状況が巡ってきます。環境であったり、他人であったり、経験であったり、自分自身であったりと、次から次へと何かの感情を生じる事態が存在しているわけです。スポーツや社会とは実はそういうものです。したがって、こういった状況のなかでも、つねに心のコンディションを安定させて勝利できる人、自分らしく生きられる人、成功している人もいます。心のコンディションが安定している人たちは、環境や他人、経験、自分自身といった因子に対して大きな感情の乱れがありません。もちろん、だからと言ってこういう人たちに感情がないというわけではありません。このような人たちは、自分自身の感情をうまくコントロールできる力を持っている人であり、そういった環境や経験とうまく付き合ったり、他人とうまく付き合ったりすることが出来る人なのです。
 安定した心のコンディションを持てるということは、つねにその人らしく生きていくことが出来るということです。これは人生においてとても素晴らしいことです。この安定した心のコンディションが保てる能力こそが、「ライフスキル」という能力なのです。
 自分らしく生きている人というと、世界で活躍しているスポーツ選手たちが挙げられると思います。つねに泳ぐことを楽しんでいるイアン・ソープ選手、自分自身を信じている北島康介選手、大リーグに挑戦し成功しているイチロー選手や松井秀喜選手。選手によってその表現方法や、秀でているライフスキルの種類は違いますが、それぞれの選手にそれぞれの「らしさ」がとても良く感じられます。このようなライフスキルこそが、社会に出たときも、自分らしく生きていくうえでとても大切な力となるのです。

6月 30, 2005 先生の一言 |

トラックバック

コメント